三井物産環境基金活動助成



 

 

 

とも浜の趣旨

 



その昔、横浜は横に長い浜が、美しい海岸線となって続き、背景には緑多い丘陵が連なる所でした。
それが昭和30年代の前半から、経済発展を最優先し、産業都市、港ヨコハマをつくるため、そして自然
豊かな「海」を埋め立てさまざまな施設や工場を造成したため、そのきれいな海辺は消え失せてしまい
ました。

私たちNPOとも浜は、この港ヨコハマと共存しつつ、豊かで住みよい魅力と活気あふれ、自然とふれあう
ことのできる浜辺を再現・再生したいと強く願い、その実現を推進していきます。

 

とも浜の目標

 

 

私たちは、横浜開港150周年である2009年から、「150ha」の自然親水地域を当局に横浜港の臨海部に造成してもらうように、多くの人々の署名を集めようとしています。また、市民参加により作り上げる
「小さな砂浜」もぜひ現実のものにしたいとの願いから、その事業に着手しています。

署名にご協力ください

 

とも浜の参加メリット

 

 

私たちは、目標を達成するためには、参加者が楽しくなければならないと考えています。

当会では、毎年次のような企画・イベント等を行う予定にしています。今後も、さらに充実した活動をしたいと考えておりますので、市民参加の「小さな砂浜づくり」では、実現に向けて着実に行動しています。

また、市民一人ひとりの声を集約することは、行政と企業・団体等と協働し事業を進めて行くうえで、
とても重要です。皆さまの参加が夢の実現へ大きく踏み出す原動力となります。

皆さん、ぜひご参加ください!

ご賛同いただける方、ご入会ください

 

 

 

 

横浜の「砂浜再生」を実現させるために、私たちは独自のネットワークで実現に向けて活動をして
おりまます。
地域を中心に「官・産・学」の協働により、緑豊かな環境づくりに真剣に取り組んでいます。

浜の先には海があり、そして海洋があります。
浜の後ろには川があり、そして森があります。


環境問題においても、生物多様が一番のテーマとなっておりますが、砂浜こそがその集約地点
であると考えております。

様々な生物が棲む、緑豊かな州浜の実現に目指し、「絆」を大切にしてまいります。

 

とも浜ネットワーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緑豊かな浜辺づくりの促進・活動

◆海苔養殖体験学習(とも浜プログラム)
◆ワカメ栽培体験学習(共同イベント)
◆ 関東各地の砂浜視察
◆ 海の写真展~ヨコハマの今昔~
◆米軍基地内での盆踊り大会出展(署名活動含む)
◆会員のための集会・イベント

◇鶴見、神奈川地区の沿岸、河川での水辺づくり
◇西区、MM21地区内の親水地域づくり促進
◇横浜夢じゃんじゃんプロジェクト汽車道の推進
◇中区、磯子区修景厚生港区内での浜辺づくり
◇金沢臨海地域の自然環境の改善再生

 

協働団体リンク

 

 

三井物産株式会社
関東学院六浦小学校
海をつくる会
□健康を語る会
□(社)横浜水辺のまちづくり協議会
□ヨコハマ活性化推進会議
□横浜元町ライオンズクラブ

 

ともに浜をつくる会 被災地気仙沼を応援しましょう!
Copyright © 2011 NPO法人ともに浜をつくる会 All Rights Reserved.